そばかすがあっても顔脱毛が出来る

そばかすがあっても顔脱毛が出来る

そばかす,顔脱毛

 

以前は顔のムダ毛処理をする時に、剃刀やシェーバー等で除去する事が一般的でした。最近は脱毛器が進化しているので、エステやクリニックでも顔の脱毛が行えるようになっています。ムダ毛を毛根から処理する事が出来るので、仕上がりも美しくなります。

 

肌のくすみも取れて、明るい肌になれます。そして、施術では光やレーザーの照射を行うのが一般的になっています。1度の処理で綺麗になる事はないですが、何度か繰り返して行う事で段々とムダ毛が少なくなってきます。

 

そして、目立たなくなっていき、自己処理をしなくても良くなります。気を付ける事は肌のトラブルがある時で、光やレーザーは黒い色素に反応するようになっていて、ほくろやしみがあるとその場所にテープを貼って施術を行っていきます。

 

ほくろの部分に光やレーザーを当ててしまうと、その部分が取れてしまったり火傷したりします。そばかすの場合は、顔全体に広がっているので照射が難しい事が多いです。そばかすがある場合は、医療機関に事前に相談してから最適な施術を選ぶようにした方が良いです。

 

そばかすがある場合、頬の周りは難しくても鼻下は処理出来る時もあり、眉回り等は光やレーザーを使用しないで針脱毛で対応する事も出来るようになっています。

タトゥーがあると脱毛が出来ない理由

そばかす,顔脱毛

 

タトゥーが入っている人は、レーザーでも光でも脱毛が出来ないです。どちらの脱毛方法も、メラニンに反応させる事を利用して毛根部分のメラニン色素に反応させて毛を作り出す母細胞組織を熱で処理して抜けるようにしていきます。

 

タトゥーが入っているとメラニンとして熱が認識してしまうので、その部分に集中して皮膚が火傷になってしまいます。このため、ほとんどの医療機関やエステサロンでは断られています。ただし、タトゥーがは入っている場所から5センチから10センチ離れている場所なら脱毛が出来る事になっているエステや医療機関はあります。

 

もしふくらはぎにタトゥーが入っている場合は、最低でも5センチは離す必要があるので一番毛が濃くて脱毛したい部分に脱毛が出来ない場合もあります。しかし、タトゥーが入っていても脱毛出来る方法があり、それはニードル脱毛です。

 

ニードル脱毛は、針脱毛と絶縁針脱毛と電気脱毛の事です。二ドール脱毛は医療機関で資格を持った人だけが施術を行えて、電気針の脱毛方法で毛穴に針を刺してから電気を流して行うものです。タトゥーが入っていても受ける事の出来る脱毛ですが、針を毛穴に刺すので痛みを伴います。

 

そうは言ってもニードル脱毛は医療機関で行うので、麻酔をしてくれるのがほとんどです。

中学生でも脱毛は出来る

そばかす,顔脱毛

 

最近ではムダ毛を気にする中学生が増えているので、サロンで脱毛する人もいます。中学生でも脱毛が出来るサロンも増えていますが、中学生は未成年者になるので保護者の同伴があれば大丈夫です。サロンにもよりますが、保護者が同伴出来ない場合は同意書があれば大丈夫になっている所もあります。

 

サロンによっては中学生でも受けられるコースを設けている所もあり、未成年でも施術が出来ます。それはサロンによって異なるので、事前に確認しておきましょう。また、親子で脱毛出来るコースを設定している場合もあり、初めての人には不安が解消されます。

 

また、親もどんな内容かが分かり、安心して施術を受けさせられます。中学生がムダ毛の処理を行うと、仕上がりが上手くいかないでムダ毛が目立つ場合もあります。そのためサロンに通う人がいるのですが、脱毛サロンの店舗が近くにない場合は自宅で処理するしかないです。

 

この時には家庭用の脱毛器を使用するのが良いですが、1台家庭にあると家族で使い回しが出来ます。しかし脱毛器のほとんどが大人が使用する用に作られてるので、中学生が使用する時には大人が操作するようにしましょう。

 

脱毛器は手軽ではありますが、サロンの機器より出力が小さいので2週間に1度くらい間隔を空けて照射する必要があります。ムダ毛が原因でいじめに合う事も考えられるので、中学生だから早いと思わずに脱毛をさせても大丈夫です。

シースリー立川通り店のご予約・場所の詳細!トップページへムダ毛処理に煩わしさを感じている方や脱毛サロンに興味のある方は、トップページでC3(シースリー)の詳細をチェックしてみてください。